タッチタイピング 練習のコツを無料で習得

タッチタイピング 初心者 タイピング スピード を速くしたい人が、効果的なタッチタイプ練習で、事務仕事の作業効率をアップ出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手元のキーボードは絶対に見ない

タッチタイピングを練習する時に、気をつけることです。

手元のキーボードは絶対に見ません。

どうしてもキーの場所を思い出せなくなったときしか手元は見ないようにします。

手元を見る癖をつけてしまうと、タッチタイピングの成長スピードが著しく遅くなるからです。

タッチタイピングは、入力スピードをアップする前に、

まずキーボードを見ずに入力するのが優先です。

最初のうちは、入力間違えばかりで、ストレスが溜まるかもしれませんが、どんなにゆっくりでも良いので、なんとか思い出して入力するようにします。

タッチタイピングは、最終的に頭で覚えるものでなく、体(指)が覚えるものですので、手元を見ずにタイピング出来ないと、練習になりません。

この基本が出来ていないと、実際の事務仕事でも、すごい差が出ます。

タイピングスピードも差が出るんですが、実際に事務仕事をする場面でも、手元と画面を見ながら入力作業をしていると、入力作業に集中してしまい、注意力が周りに働きにくくなります。

どうしても手元を見てしまう人の対処法でよくあるのが、手の上にタオルをかぶせて練習するというのもあります。



何度も言いますが

手元を見ないこと

これが重要です
スポンサーサイト

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattitaipingu.blog47.fc2.com/tb.php/6-437f6331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。