タッチタイピング 練習のコツを無料で習得

タッチタイピング 初心者 タイピング スピード を速くしたい人が、効果的なタッチタイプ練習で、事務仕事の作業効率をアップ出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスキーボード認定試験とは

※新しいブログにタイピング検定について詳しくまとめました。こちらをどうぞ。

タイピング検定6種類の比較と練習方法|ビジネスキーボードが一番おすすめ

ーーーーーーー

ビジネスキーボード認定試験は、ビジネス実務で要求される「タッチタイピングの速さと正確さ」を重視した資格試験です。

試験科目は日本語、英語、数値の3科目で、入力文字数に応じて、S、A、B、C、Dの5段階で評価をします。(C判定以上なら、一般的な事務に必要なレベルとのこと)

このビジネスキーボード認定試験の特徴は、「速さと正確さ」と書いてあるように、
入力間違いに関して厳しいペナルティが課せられます。

日本語だと1行が20~30文字、英語だと1行が50文字~60文字程度の文章が出題されるんですが、1行の中で、1文字でも間違いがあると、1行の文字数の点数が0点になります。
日本語だと、5行分間違えると、文字を全て打ち切っても、A判定が厳しくなってきます。

出題文字数と試験時間は
・日本語 900文字 10分間
・英語 3000文字 10分間
・数値 1200文字 5分間
のようになっています。

難易度は個人的に、簡単な順に、日本語<英語<数値、となっています。数値で全問正解するのは、記号が沢山出てくるし、相当難しいです。

タイピング検定6種類の比較と練習方法|ビジネスキーボードが一番おすすめ
スポンサーサイト

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattitaipingu.blog47.fc2.com/tb.php/30-f079c85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。