タッチタイピング 練習のコツを無料で習得

タッチタイピング 初心者 タイピング スピード を速くしたい人が、効果的なタッチタイプ練習で、事務仕事の作業効率をアップ出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変換 ショートカットキー F6~F10

変換する時の、便利なショートカットキーを紹介します。

普通、文字を変換するときはスペースキーを押しますが、スペースキーではなく、F6~F10のファンクションキーを押すと、いろいろな変換が出来ます。

F6 ひらがな
F7 全角カタカナ
F8 半角カタカナ
F9 全角英数字
F10 半角英数字

例えば、「たっちたいぴんぐ」の文字を変換してみましょう



■F6(ひらがな変換)の場合
F6キーは、ひらがなに変換するショートカットキーです。スペースキーで変換すると余計な漢字が混じりそうになる時に使えます。(例、あいうえお→合い上尾)
さらに、F6キーを続けて押すと、下のように、カタカナが混じります。

入力 たっちたいぴんぐ
1回 たっちたいぴんぐ
2回 タっちたいぴんぐ
3回 タッちたいぴんぐ
4回 タッチたいぴんぐ
5回 タッチタいぴんぐ
6回 タッチタイぴんぐ
7回 タッチタイピんぐ
8回 タッチタイピンぐ



■F7・F8(カタカナ変換)の場合
F7・F8キーは、カタカナ(F7は全角、F8は半角)に変換するショートカットキーです。外来語や造語など、一般的な言葉ではなく、正しく変換してくれない可能性が高い時に役立ちます。(例、なっぷさっく→なっぷサック)
さらに、続けて押すと、下のように、カタカナが混じります。

入力 たっちたぴいんぐ
1回 タッチタイピング
2回 タッチタイピンぐ
3回 タッチタイピんぐ
4回 タッチタイぴんぐ
5回 タッチタいぴんぐ
6回 タッチたいぴんぐ
7回 タッちたいぴんぐ
8回 タっちたいぴんぐ



■F9・F10(英数字変換)の場合
F9・F10キーは、英数字(F9は全角、F10は半角)に変換するショートカットキーです。Windowsや、Excel、Word、Powerpointなどなど、日本語の文章中にも、英語は頻繁に登場してきますが、そのたびに入力モードを切り替えていたのでは、時間が掛かってしまいます。
ひらがな入力のまま、「EXCEL」を入力すると、「えxせl」のように、一見変な文字になりますが、F9・F10を押すと「excel」のように変換してくれます。
さらに複数回押すことに寄って

入力 えxせl
1回 excel (すべて小文字)
2回 EXCEL (すべて大文字)
3回 Excel (先頭だけ大文字)

のように変換してくれます。



実際に入力してみてください。便利に感じるはずです。
スポンサーサイト

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattitaipingu.blog47.fc2.com/tb.php/27-9e99314f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。