タッチタイピング 練習のコツを無料で習得

タッチタイピング 初心者 タイピング スピード を速くしたい人が、効果的なタッチタイプ練習で、事務仕事の作業効率をアップ出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ字 五十音 入力方法

ローマ字で文章を入力する場合、まずアルファベットのキー位置を覚えなければいけませんが、日本語を入力するなら、基本的な五十音表も覚えなければいけません。

五十音表をまとめました。

(かっこ)内にあるローマ字でも入力できます。

あa いi うu えe おo
かka(ca) きki くku(cu) けke こko(co)
さsa しsi(shi) すsu せse そso
たta ちti(chi) つtu てte とto
なna にni ぬnu ねne のno
はha ひhi ふhu(fu) へhe ほho
まma みmi むmu めme もmo
やya ゆyu よyo
らra りri るru れre ろro
わwa をwo んnn(y以外の子音の前はnでも可)

がga ぎgi ぐgu げge ごgo
ざza じji(zi) ずzu ぜze ぞzo
だda ぢdi づdu でde どdo
ばba びbi ぶbu べbe ぼbo


かっこの中のアルファベットでも入力できますが、入力のしにくさ、覚えにくさのため、おすすめしません。


基本的な五十音以外の入力方法は下記のリンクから

「しゃ」「びゃ」などの拗音の入力方法はこちら

ちいさい「っ」などの促音表の入力方法はこちら
スポンサーサイト

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattitaipingu.blog47.fc2.com/tb.php/26-2a938907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。