タッチタイピング 練習のコツを無料で習得

タッチタイピング 初心者 タイピング スピード を速くしたい人が、効果的なタッチタイプ練習で、事務仕事の作業効率をアップ出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームポジションをキープ

キーボードの「F」と「J」のキーには、小さい目印(突起)がついています。

これは、ホームポジションをキープするための目印です。

ホームポジションとは、タッチタイピングのための指の置き場所の目印です。

ホームポジションの指の配置は、

A(左小指) S(左薬指) D(左中指) F(左人差指)
J(右人差指) K(右中指) L(右薬指) ;(右小指)

のようになります。

あとは、だいたい各指の上下のキーを入力するんですが、真ん中の「TGBYHN」の6個のキーは、人によって、左右どちらの指を使うかは個人差がありますので、左右どちらの指で入力したほうが良いとは言い切れません。

事務仕事で実用的なタイピングスピードの習得をするなら、ホームポジションの配置は守ったほうが良いです。
スポンサーサイト

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tattitaipingu.blog47.fc2.com/tb.php/11-ce3bb0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。