タッチタイピング 練習のコツを無料で習得

タッチタイピング 初心者 タイピング スピード を速くしたい人が、効果的なタッチタイプ練習で、事務仕事の作業効率をアップ出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語 入力方法は9割がローマ字入力 2009年6月調査

タイピングに関する調査を行ったニュースが掲載されていました。

ローマ字入力派は9割、カナ入力派は1割―タイピングに関する調査 - japan.internet.com デイリーリサーチ

集計期間 2009年6月5日~7日
アンケート対象者 10代~60代以上のインターネットユーザー300人(男150人、女150人、10代2.7%、20代17.3%、30代20.0%、40代20.0%、50代20.0%、60代以上20.0%)


■タイピング能力の自信について
とても速い 3.3%(10人)
ある程度速い 14.3%(43人)
どちらかというと速い 24.3%(73人)
どちらともいえない 24.3%(73人)
どちらかというと遅い 21.3%(64人)
ある程度遅い 8.3%(25人)
とても遅い 4.0%(12人)

「速い」グループの解答は、41.9%
「遅い」グループの解答は 33.6%
となり、わずかに自分のタイピングスピードに自信を持っている人のほうが多いということがわかります。


■タッチタイピングが出来るかどうか
完璧にできる 8.7%(26人)
ほぼできる 29.0%(87人)
たまにキーを見ないで打てる時はある 29.7%(89人)
常にキーを見ながら打っている30.0%(90人)
キーボード入力は不得意2.7%(8人)

出来る人は37.7%
出来ない人は32.7%
の割合となった。



■まとめ
アンケートを取った人数は300人で、少し少ない気もしますが、重要な資料として、参考になります。

しかし、アンケートの対象は、インターネットユーザーであり、全体の割合より、少しパソコンの習熟度が高い人たちが対象になっている可能性があるので、仕事をしている人全体でアンケートを取ると、結果が、「自信が無い、タッチタイピング出来ない」ほうに偏るのではないでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。