タッチタイピング 練習のコツを無料で習得

タッチタイピング 初心者 タイピング スピード を速くしたい人が、効果的なタッチタイプ練習で、事務仕事の作業効率をアップ出来ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変換 ショートカットキー F6~F10

変換する時の、便利なショートカットキーを紹介します。

普通、文字を変換するときはスペースキーを押しますが、スペースキーではなく、F6~F10のファンクションキーを押すと、いろいろな変換が出来ます。

F6 ひらがな
F7 全角カタカナ
F8 半角カタカナ
F9 全角英数字
F10 半角英数字

例えば、「たっちたいぴんぐ」の文字を変換してみましょう



■F6(ひらがな変換)の場合
F6キーは、ひらがなに変換するショートカットキーです。スペースキーで変換すると余計な漢字が混じりそうになる時に使えます。(例、あいうえお→合い上尾)
さらに、F6キーを続けて押すと、下のように、カタカナが混じります。

入力 たっちたいぴんぐ
1回 たっちたいぴんぐ
2回 タっちたいぴんぐ
3回 タッちたいぴんぐ
4回 タッチたいぴんぐ
5回 タッチタいぴんぐ
6回 タッチタイぴんぐ
7回 タッチタイピんぐ
8回 タッチタイピンぐ



■F7・F8(カタカナ変換)の場合
F7・F8キーは、カタカナ(F7は全角、F8は半角)に変換するショートカットキーです。外来語や造語など、一般的な言葉ではなく、正しく変換してくれない可能性が高い時に役立ちます。(例、なっぷさっく→なっぷサック)
さらに、続けて押すと、下のように、カタカナが混じります。

入力 たっちたぴいんぐ
1回 タッチタイピング
2回 タッチタイピンぐ
3回 タッチタイピんぐ
4回 タッチタイぴんぐ
5回 タッチタいぴんぐ
6回 タッチたいぴんぐ
7回 タッちたいぴんぐ
8回 タっちたいぴんぐ



■F9・F10(英数字変換)の場合
F9・F10キーは、英数字(F9は全角、F10は半角)に変換するショートカットキーです。Windowsや、Excel、Word、Powerpointなどなど、日本語の文章中にも、英語は頻繁に登場してきますが、そのたびに入力モードを切り替えていたのでは、時間が掛かってしまいます。
ひらがな入力のまま、「EXCEL」を入力すると、「えxせl」のように、一見変な文字になりますが、F9・F10を押すと「excel」のように変換してくれます。
さらに複数回押すことに寄って

入力 えxせl
1回 excel (すべて小文字)
2回 EXCEL (すべて大文字)
3回 Excel (先頭だけ大文字)

のように変換してくれます。



実際に入力してみてください。便利に感じるはずです。
スポンサーサイト

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

ローマ字 五十音 入力方法

ローマ字で文章を入力する場合、まずアルファベットのキー位置を覚えなければいけませんが、日本語を入力するなら、基本的な五十音表も覚えなければいけません。

五十音表をまとめました。

(かっこ)内にあるローマ字でも入力できます。

あa いi うu えe おo
かka(ca) きki くku(cu) けke こko(co)
さsa しsi(shi) すsu せse そso
たta ちti(chi) つtu てte とto
なna にni ぬnu ねne のno
はha ひhi ふhu(fu) へhe ほho
まma みmi むmu めme もmo
やya ゆyu よyo
らra りri るru れre ろro
わwa をwo んnn(y以外の子音の前はnでも可)

がga ぎgi ぐgu げge ごgo
ざza じji(zi) ずzu ぜze ぞzo
だda ぢdi づdu でde どdo
ばba びbi ぶbu べbe ぼbo


かっこの中のアルファベットでも入力できますが、入力のしにくさ、覚えにくさのため、おすすめしません。


基本的な五十音以外の入力方法は下記のリンクから

「しゃ」「びゃ」などの拗音の入力方法はこちら

ちいさい「っ」などの促音表の入力方法はこちら

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

かな入力 運指について

タッチタイピングでは、どの指で入力するのか(運指)決めておきましょう。

管理人は、かな入力のタイピングは得意ではありませんので、良い解説は出来ないかもしれませんが、なるべくがんばります。

1つ目は、標準の運指です。(クリックで別ウィンドウで拡大します)
かな入力運指標準標準の運指

2つ目は、管理人の運指です(クリックで別ウィンドウで拡大します)
かな入力運指自分管理人の運指

各指は色分けされていて、真ん中の黒い太線は、左右の手の境界線です。こうしてみると、標準運指と私の運指は結構違います。



人それぞれ、指の長さなどに個人差があるので、どの運指が最適なのか、ひとつに絞ることは出来ませんが、ある程度説明してみます。


■かな入力 標準運指と私の運指の違い
まず、標準の運指では右手小指の担当場所が広くて大変です。薬指と小指では、手を広げた時に1関節分くらい長さが違うので、右上のキーを小指で押そうとしたら、手を広げるだけでなく、少し角度を変えなければいけなくなります。

そして、かな入力の場合、ローマ字入力よりも使うキーの数が多いので、少し小指の担当を増やしただけでは、小指で連続打鍵しないといけません。なので、私は薬指の担当キーをかなり増やしています。

最上段の数字と記号は、人差し指と小指が短いので、中指と薬指で入力します。




いろいろ考えながら、自分に合った運指を見つけてみてください。答えはひとつではありません

1.手元を見ずに入力できること。
2.ミスが多くないこと
3.指が疲れないこと

これらの点を考えながら、標準の運指にとらわれず、運指を決めてみてください。とくにかな入力の場合、独自の運指にしている人が多いです。

タイピング運指の画像は、こちらの運指表の部屋様で作成し、いただきました。

自分の運指をマウスでクリックするだけで色分けできて、自由に持ち帰ることが出来ますので、ありがたいサイトです。

このサイトで、色々な人のかな入力の運指を見れますが、中指と人差し指だけで入力しても300打/分を超えている人もいて、全ての指を使わなくてはいけないわけではないことがわかります。


タッチタイピング練習方法のコツを無料で習得

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

ローマ字入力 運指について

タッチタイピングでは、どの指で入力するのか(運指)決めておきましょう。

ローマ字入力のタイピングでは、日本語50音の入力に最上段の数字と記号は使わないので、比較的、手をバタつかせずにタイピングすることが出来ます。以下の2つの運指を比べて、効率的な運指について考えてみましょう。

1つ目は、標準の運指です。(クリックで別ウィンドウで拡大します)
ローマ字運指表標準標準の運指

2つ目は、管理人の運指です(クリックで別ウィンドウで拡大します)
ローマ字運指表自分管理人の運指

各指は色分けされていて、真ん中の黒い太線は、左右の手の境界線です。こうしてみると、標準運指と私の運指は結構違います。



人それぞれ、指の長さなどに個人差があるので、どの運指が最適なのか、ひとつに絞ることは出来ませんが、ある程度解説することは出来ます。

標準運指と私の運指を比べてみますので、参考にしてください。

■標準運指と私の運指の違い
まず、標準の運指では右手小指の担当場所が広くて大変です。薬指と小指では、手を広げた時に1関節分くらい長さが違うので、右上のキーを小指で押そうとしたら、手を広げるだけでなく、少し角度を変えなければいけなくなります。なので、私は右上のキーは薬指が担当します。

最上段の数字と記号は、人差し指と小指が短いので、中指と薬指で入力します。

左右の境界線で普通の人と違うのは、[B]を右手で入力することです。これは左手でも効率はあまり変わらないかな、と思います。



いろいろ考えながら、自分に合った運指を見つけてみてください。答えはひとつではありません

1.手元を見ずに入力できること。
2.ミスが多くないこと
3.指が疲れないこと

これらの点を考えながら、標準の運指にとらわれず、運指を決めてみてください。

タイピング運指の画像は、こちらの運指表の部屋様で作成し、いただきました。

自分の運指をマウスでクリックするだけで色分けできて、自由に持ち帰ることが出来ますので、ありがたいサイトです。


タッチタイピング練習方法のコツを無料で習得

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

テンキーのタッチタイピングを覚える

日本語のタッチタイピングについては、懇切丁寧に説明してあるサイトやブログは沢山ありますが、

テンキーのタッチタイピングも、事務仕事をする上では重要です。

あなたの会社専用の基幹業務にデータを入力する時も、Excelでデータを集計する時も、数字を入力する機会は多いですよね。

そんな時、テンキーのタッチタイピングが出来ないと、作業スピードはガクンと落ちてしまいます。

テンキーのタッチタイピングは、日本語のタッチタイピングと比べれば大分簡単なので是非少しだけでも練習してみてください。

なんせ数字は10種類しかないんですから。

テンキーのタッチタイピングは、普段の業務でキーボードを見ないようにする程度で習得できると思います。

キーボードを見ない、ということが最も大事です。


タッチタイピング練習方法のコツを無料で習得

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

爪はなるべく短く切る

タッチタイピングの練習をするときは、爪をなるべく短めに切りましょう。
(深爪は良くないですけど)

楽器をする関係で爪を伸ばさなければいけない人は仕方ありませんが、爪が長いと、タッチタイピングはなかなか上達しません。

デスクトップのキーボードならまだマシですが、ノートパソコンのキーボードでは、キーとキーの間に爪が挟まってしまうこともあります。

また、もし周りの人からしたら、キーボードに爪がカツカツと当たる音は不快です。

ネイルデコレーションが趣味の人にはつらいですね。私はしたことはありませんが、タッチタイピングを練習する時間だけでも良いので爪を切ってみてください。とってもタイピングぅが入力しやすくなります。


タッチタイピング練習方法のコツを無料で習得

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

こまめに休憩する

タッチタイピングを練習する時は、こまめに休憩を取ることが大事です。

特に、タイピングのトップスピードを上げる勢いで集中して練習している時は、こまめな休憩が効果あります。

体育の授業では、走る前に、しっかり準備運動しますよね。

いきなり100メートルを全力疾走しても、自己新記録は出ません。



スポーツと同じで、タッチタイピングの練習も、集中している時にこそ、途中でちょっとの休憩をとると、練習を再開した時に指が良く動きます。

これをタッチタイピング練習のサイクルに取り入れるとしたら

10分練習 → 2分休憩 → 10分練習 → 2分休憩 → 10分練習

といった具合です。(きっちりこのとおりにやる必要はありません)。休憩と言っても、少し腕を伸ばしたり、椅子から立ち上がって柔軟運動をする程度です。

タイピング練習の途中でとる休憩は、なるべく少ない時間でこまめに、がポイントです。


あまり長時間連続で練習すると、集中力が続かないので、良いことありません。

私は過去に5時間くらいずーっと座りっぱなしでタイピングの練習をしたことがありますが、いくらやっても速くなりません。もうだめだー、と思って、10分くらい休憩し、次を最後にしようと思い、もう一度練習すると新記録が1発目で出ました。(泣)

もっと早くに休憩を取ったら、あっさり新記録が出ていたことでしょう。この時は、なんでこんなに簡単に新記録が出たんだろうと思うほどあっさり出てしまいました。

熱中しすぎには気をつけましょう。


タッチタイピング練習方法のコツを無料で習得

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

促音(そくおん)小さい文字 ローマ字の入力方法

ローマ字でちいさい文字を入力する方法です。


■文字の途中に「っ」
文章中の小さい「っ」は以下のように入力します。

「サミット」→「samitto」
「バスケット」→「basuketto」

方法より答えのほうが分かりやすいので先に載せました。

文章中にちいさい「っ」がある場合は、

次にくる子音を2回入力すると入力できます。

サミットを例にすると、



さm
さみ
さみt
さみtt
さみっと

このように表示されていきます。


■単独で小さい文字
ぁ、ぃ、ぅ、ぇ、ぉ、っ、ゃ、ゅ、ょ
の小さい文字を単独で使うときは、入力した文字の手前に「l」(エル)か「x」(エックス)を入力します。

「ぁ」なら「la」もしくは「xa」
「ゃ」なら「lya」もしくは「xya」

と言う風に入力します。

「l」と「x」のどちらを使うかは人それぞれですが、「l」のほうが入力しやすいです。「x」だと「ぁ」や「ぇ」が入力しにくくなります。


タッチタイピング練習方法のコツを無料で習得

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

拗音(ようおん) ローマ字の入力方法

職場で、良く質問されます。

ローマ字で入力している時に、「でぃ」とか「ヴぁ」とか「ぢょ」とか入力したいのに、どのように入力すれば良いのかわからないとのことです。

わかりにくい拗音(ようおん)をまとめました

「わからな~い」と、良く質問される順に掲載します。

用例を載せているので、試しに入力してみてください。



■でゃdha でぃdhi でゅdhu でぇdhe でょdho
「ハードディスク」
「メインディッシュ」
「デュランデュラン」
「デュエット」

■てゃtha てぃthi てゅthu てぇthe てょtho
「ティファニー」
「リリアン・テュラム」

■じゃja じji じゅju じぇje じょjo
「ジャンパー」
「ジンギスカン」
「ジュース」
「ジェットコースター」
「ジョジョの奇妙な冒険」
※「じ」はjiかziどちらか好きなほうで入力してください。私はji

■ふぁfa ふぃfi ふfu ふぇfe ふぉfo
「ファミリーレストラン」
「フィナーレ」
「カフェ」
「ファイヤーフォックス」
※「ふ」は、huかfuどちらか好きなほうで入力してください。私はhu


■ヴぁva ヴぃvi ヴvu ヴぇve ヴぉvo
「ヴァイオリン」
「ヴィヴァルディ」
「東京ヴェルディ」
「ヴォーカル」

■うぁwha うぃwhi うwhu うぇwhe うぉwho
「ウィキペディア」
「ウェディングドレス」
「ウォーリーを探せ」



■上記以外の文字は、文例を省略します。
きゃkya きぃkyi きゅkyu きぇkye きょkyo
しゃsya しぃsyi しゅsyu しぇsye しょsyo
ちゃtya ちぃtyi ちゅtyu ちぇtye ちょtyo
にゃnya にぃnyi にゅnyu にぇnye にょnyo
ひゃhya ひぃhyi ひゅhyu ひぇhye ひょhyo
みゃmya みぃmyi みゅmyu みぇmye みょmyo
ぎゃgya ぎぃgyi ぎゅgyu ぎぇgye ぎょgyo
びゃbya びぃbyi びゅbyu びぇbye びょbyo
ぴゃpya ぴぃpyi ぴゅpyu ぴぇpye ぴょpyo
りゃrya りぃryi りゅryu りぇrye りょryo


■以下の拗音は、使うことがほとんどありません。
くゃqya くぃqyi くゅqyu くぇqye くょqyo
くぁqwa くぃqwi くぅqwu くぇqwe くぉqwo
ぐぁgwa ぐぃgwi ぐぅgwu ぐぇgwe ぐぉgwo
すぁswa すぃswi すぅswu すぇswe すぉswo
ぢゃdya ぢぃdyi ぢゅdyu ぢぇdye ぢょdyo
つぁtsa つぃtsi つtsu つぇtse つぉtso
とぁtwa とぃtwi とぅtwu とぇtwe とぉtwo
どぁdwa どぃdwi どぅdwu どぇdwe どぉdwo



テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

ホームポジションをキープ

キーボードの「F」と「J」のキーには、小さい目印(突起)がついています。

これは、ホームポジションをキープするための目印です。

ホームポジションとは、タッチタイピングのための指の置き場所の目印です。

ホームポジションの指の配置は、

A(左小指) S(左薬指) D(左中指) F(左人差指)
J(右人差指) K(右中指) L(右薬指) ;(右小指)

のようになります。

あとは、だいたい各指の上下のキーを入力するんですが、真ん中の「TGBYHN」の6個のキーは、人によって、左右どちらの指を使うかは個人差がありますので、左右どちらの指で入力したほうが良いとは言い切れません。

事務仕事で実用的なタイピングスピードの習得をするなら、ホームポジションの配置は守ったほうが良いです。

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

ローマ字入力とかな入力 どちらがいいか

パソコンで文字を入力する時、ローマ字入力かかな入力のどちらかで入力しますが、これから練習する人で、なおかつ事務仕事で使う人は、どちらの入力方式が良いでしょうか。

理由はいろいろありますが、

仕事をする上では、ローマ字入力のほうがかな入力より有利です。

ローマ字入力のメリットは
ローマ字入力のほうが、覚えるキーの数が少ない
ローマ字入力は、アルファベットを覚えれば、日本語も入力できるようになりますが、かな入力の場合、ひらがな表記のキーの場所と、アルファベットの両方を覚えなくてはいけないので、ローマ字入力は、かな入力に比べて覚えるキーの数が約3分の1で済みます。そのため、最低限のタッチタイピングをするためにかかる練習時間が少なくて済みます。

英語を入力する時に有利
製品の型番や、名前、英語を入力する機会がこれから先あるかもしれません。ローマ字入力なら、すでにアルファベットのキーを覚えているので、すぐに入力できますが、かな入力の場合、かなとは別にアルファベットも覚えないといけないので大変です。

日本語の入力に使う段が、ローマ字入力は3段、かな入力は4段
ローマ字入力は、日本語を入力する際、ホームポジションの上下を含む3段ですべて入力できますが、かな入力では、最上段にもかなが配置されているので、入力自体が難しいです。また、最上段の数字を入力する時に、ローマ字入力では、そのまま入力できるので有利です。

汎用性がある
全体の割合は、ローマ字入力を利用している人のほうが多いので、分からなくなった時に質問しやすい。また、ネット上の情報も、ローマ字入力のほうが多い。




かな入力にも、メリットはあります
極めればローマ字入力より速い
私はかな入力はなんとかタッチタイピングで入力できる程度なので、実感していませんが、かな入力とローマ字入力の両方をかなり練習した方のデータでは、ローマ字入力より1.2倍~1.4倍の速さになるとのことです。
タイピングサイト グローランド かな入力とは
シャドールーム かな入力のススメ
しかし、タッチタイピングが出来ない状態から練習するなら、ローマ字入力のほうが簡単です。最終的にはかな入力のほうが速くても、仕事である程度入力したいのなら、ローマ字入力のほうが簡単に速く入力できるようになります。

同じ打鍵数なら、かな入力のほうが入力キー数が少ない
ローマ字入力は、「か~わ」のひらがなを入力する時に、2つのキーを組み合わせて入力するのに比べて、カナ入力は、1つのキーを入力するだけで済みます。これはメリットと言えますが、英語・記号・数字の入力になると、ローマ字入力のほうが日本語以外に使えるキーの余裕があるので、とたんにローマ字入力が有利になってしまいます。



仕事に使える実用的なタイピングスピードを手に入れるなら、ローマ字入力のほうがメリットが大きいです。

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

ミスを少なくする

タッチタイピングの練習をするときに意識しましょう。

タイピングのスピードは意識せず、タッチミスを少なくしてください。

そうすればタイピングスピードは自然と速くなります。

タイピングゲームソフトで練習していると、入力を間違えても、バックスペースで文字を消さなくても良いので、そのままガシガシ入力していく傾向が強いですが、

実際の事務仕事では、間違えた文字は消して、正しい文字を入力しなければいけません。

最終的に事務仕事で使えるようになるためには、ミス無く入力出来るようになったほうが、作業スピードは速くなります。また、ストレスも少なくなります。

納期に追われ、焦っている時でも、積み重ねた練習量(指に覚えこませた量)は裏切りませんので、普段からミスを少なくすることを意識してください。


ゲームで練習するなら、ミスをしたら大きく減点されるゲーム
キーボー度チェッカー
で練習するのがオススメです。

また、より実際の仕事に近い練習だと、文書を見ながらメモ帳に入力してみるのも効果があります。この練習をするときは、A4のプリントに印刷されている文書をドキュメントフォルダーなどに挟んで、画面の横に置いて、目線が下に行かないようにして練習してください。

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

練習は毎日少しずつする

これもよくあることなんですが、タッチタイピングを習得したいがために、勢いがある時に1日何時間もタッチタイピングの練習をしてしまい、体が疲れて、次の日はタイピング練習しなかったり、練習時間が急に減ったりして、結局今までどおり手元を見ながら入力してしまいます。

忙しい社会人なら、一気にタイピングの練習をすると、なおさら途中で挫折してしまう可能性が高いです。(学生など、時間と体力がある人なら、良いかもしれません)

タッチタイピングは、試験勉強のように頭で暗記するのとは違い、体が感覚を覚えて初めて習得できるものです。

その感覚は、スポーツの上達に似ています。

脳で思ったことを体が表現することですから、頭だけで分かってもダメです。

だから、タッチタイピングの練習は、バスケ・サッカー・バレーなどのスポーツ全般と同じように、毎日練習すると、効果が高まります。

肝心の練習時間ですが、

タッチタイピングの練習は、1日10分~20分で大丈夫です。

1日1時間程度時間が取れれば理想ですが、時間が無い時は10分でも大丈夫です。

1番肝心なのは、少しずつでも良いので毎日練習することです。

毎日練習するのが億劫になる人は、タイピングゲームソフトを使って楽しみながらやることが効果的です。

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

手元のキーボードは絶対に見ない

タッチタイピングを練習する時に、気をつけることです。

手元のキーボードは絶対に見ません。

どうしてもキーの場所を思い出せなくなったときしか手元は見ないようにします。

手元を見る癖をつけてしまうと、タッチタイピングの成長スピードが著しく遅くなるからです。

タッチタイピングは、入力スピードをアップする前に、

まずキーボードを見ずに入力するのが優先です。

最初のうちは、入力間違えばかりで、ストレスが溜まるかもしれませんが、どんなにゆっくりでも良いので、なんとか思い出して入力するようにします。

タッチタイピングは、最終的に頭で覚えるものでなく、体(指)が覚えるものですので、手元を見ずにタイピング出来ないと、練習になりません。

この基本が出来ていないと、実際の事務仕事でも、すごい差が出ます。

タイピングスピードも差が出るんですが、実際に事務仕事をする場面でも、手元と画面を見ながら入力作業をしていると、入力作業に集中してしまい、注意力が周りに働きにくくなります。

どうしても手元を見てしまう人の対処法でよくあるのが、手の上にタオルをかぶせて練習するというのもあります。



何度も言いますが

手元を見ないこと

これが重要です

テーマ:タッチタイピング - ジャンル:コンピュータ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。